対象年齢 小学校3年生~5年生
教育目標 カブスカウト隊では、スカウトが組や隊での活動及び家庭や近隣社会での生活指導に参加することによって、良い社会人としての基本を習得し、ボーイスカウトへの上進を目指します。
活動内容 カブスカウトの集会ではゲームやハイキング、野外料理、クラフトなどのプログラムを、みんなで楽しく行います。夢中になって遊んでいる中で、スカウト達(ボーイスカウトの子どもを「スカウト」と呼称)は自然とルールを守ることを覚えていきます。

また、カブスカウト隊ではボーイスカウト教育法の特色である「班制教育」が始まります。「組」と呼ばれる小グループを作り、リーダーによるサポートのもと、組長を中心に活動します。

カブスカウト隊では年代ごと(3年生「うさぎ」、4年生「しか」、5年生「くま」と呼称)に必修科目を履修しボーイ隊上進の準備をします。また選択科目(チャレンジ章)もあり、自発的に挑戦することで技術や知識を得て、履修した証として記章(バッジ)を手に入れることができます。

隊長のコメント カブスカウトには「やくそくとさだめ」があり、その実行を心がけるとともに、家庭でも教育の目標として守っていくこととしています。制服を脱いで学校や家庭にあってもスカウト。心に見えないネッカチーフをして、「やくそくとさだめ」を守っていくようがんばるのがカブスカウトです。

手旗信号入門編

みんな大好きキャンプファイヤー