「ボーイスカウト運動」とは、世界161の国に5,000万人の仲間がいますが、それぞれの地域の大人が、地域の子どもを「ボーイスカウト手法」で健全に育てる運動です。指導者は全員近所に住むボランティアです。保護者の皆様と連携して「目指す成果」欄にあることを実行するお子さんに育てます!

日本ボーイスカウト市川第8団

ボーイスカウト教育の目的

ボーイスカウトの組織を通じ、青少年がその自発活動により、自らの健康を築き、社会に奉仕できる能力と人生に役立つ技能を体得し、かつ、誠実、勇気、自信及び国際愛と人道主義を把握し、実践できるよう教育すること。

年代クラス(隊)別 目指す成果 教育の方法
ビーバースカウト隊

幼稚園年長から

小学2年生まで

>

スローガン

「日日の善行」

やくそく

ぼく(わたくし)は、みんなとなかよくします ビーバー隊のきまりをまもります

1 ビーバースカウトはげんきにあそびます

2 ビーバースカウトはものをたいせつにします

3 ビーバースカウトはよいことをします

ビーバースカウトの「モットー」なかよし

野外活動 

教場は自然の中で!

進歩制度(バッジシステム)

課題を達成したら褒めてバッジを 授与 <規-P71>

課題::必修約40種類(生活・健康・自然・社会・表現)

                       ↓ 上進
カブスカウト隊

小学3年生から

小学5年生まで

 

 

 

スローガン

「日日の善行」

やくそく

ぼく(わたくし)は、まじめにしっかりやります カブ隊のさだめをまもります

1 カブスカウトはすなおであります

2 カブスカウトは自分のことを自分でします

3 カブスカウトはたがいに助けあいます

4 カブスカウトはおさないものをいたわります

5 カブスカウトはすすんでよいことをします

カブスカウトの「モットー」いつも元気

野外活動 

進歩制度(バッジスステム)

課題::必修50・選択40の計役90種類(信仰とたしなみ・健康と安全・技能と野外活動・社会生活・技術・スポーツ・文化・趣味) 

班制教育(パトローリング システム)

小グループ(組)を基本として組長主導の自治運営活動

                       ↓ 上進
ボーイスカウト隊

小学6年生から

中学3年生まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スローガン

「日日の善行」

ちかい

私は名誉にかけて次の三条の実行をちかいます

一、神(仏)と国とに誠を尽くしおきてをまもります

一、いつも他の人々をたすけます

一、からだを強くし心をすこやかに徳を養います

おきて

1 スカウトは誠実である

2 スカウトは友情にあつい

3 スカウトは礼儀正しい

4 スカウトは親切である

5 スカウトは快活である

6 スカウトは質素である

7 スカウトは勇敢である

8 スカウトは感謝の心をもつ

スカウトの「モットー」そなえよつねに(備えよ常に)

野外活動

進歩制度(バッジスステム)

課題::必修20・選択50の約70種類(スカウト精神・健康と発達・スカウト技能<ハイキング・追跡・キャンピング・冒険・社会生活>) 

班制教育(パトローリング システム)

小グループ(班)を基本として班長主導の自治運営活動

(リーダーシップとフォロワーシップを実際に体験)

                         上進
ベンチャースカウト隊

高校1年生から

高校3年生まで

ボーイスカウト隊と同じ

 

野外活動 

進歩制度(バッジスステム)隼・富士・プロジェクト技能章約70種類

                         ↓ 上進
ローバースカウト隊

大学生から

25歳まで

ボーイスカウト隊と同じ

 

自らの有為な生涯を築き社会に奉仕する精神と体力を養う・後輩指導協力(指導者へ)